RTI Monitoring library使用時の注意点

2 posts / 0 new
Last post
Offline
Last seen: 4 years 11 months ago
Joined: 06/26/2013
Posts: 15
RTI Monitoring library使用時の注意点

RTI Monitoring libraryをリンクし、RTI Monitorを使用する場合、以下に注意してください。

ディフォルトではrtiddsgenが作成するMakefile内で、リンクするライブラリが"-lnddscppz -lnddscz -lnddscorez"などとして指定されています。
このライブラリ名に"z"が付くのは静的リンクを行う時の指定です。動的リンクを行う時には"z"を外してください。

言い換えると、"z"付のライブラリをリンクしているアプリケーションにRTI Monitaoring libraryを使用するならば、"z"が付いているMonitoring libraryを、"z"無(動的リンク)ライブラリをリンクしているアプリケーションには、同じく"z"無リンクしてください。

それぞれの場合、QoSファイルでは以下の様に設定します。
静的リンクの場合
<participant_qos>
  <property>
    <value>
      <element>
        <name>rti.monitor.library</name>
        <value>rtimonitoring</value>
      </element>
    </value>
  </property>
        :
</participant_qos>
と、名前の項にrtimonitor.libraryを指定してください。

動的リンクの場合
<participant_qos>
  <property>
    <value>
      <element>
        <name>rti.monitor.library</name>
        <value>rtimonitoringd</value>
      </element>
    </value>
  </property>
        :
</participant_qos>
と、名前の項にrtimonitoring"d"("d"が付く)を指定してください。

なお、ライブラリ名の終わりに"d"が付いているライブラリがありますが、こちらはデバッグ用ライブラリとなります。
このため、ライブラリの中には"zd"が付いているものもありますが、これはデバッグ版RTI Monitoring libraryとなります。

Organization:
Offline
Last seen: 4 years 11 months ago
Joined: 06/26/2013
Posts: 15

2014/07/14に記述内容を修正しました。